MENU

クレジットカード払いが主流の時代

 

プロバイダーなどの業者さんにとって料金を必ず回収でるため、クレカ払いを推奨している会社が多いです。

 

とはいえ、クレジットカードを持っていない、または諸事情で持つことができない、使えないといった場合、どうすればいいのでしょうか?

 

今回は回線別に、口座振替でもOKのプロバイダーさんをご紹介します。

 

WIMAX系のプロバイダー

 

  • GMOトクトクBB:×
  • UQ-WIMAX::〇

 

 

UQ-WIMAX)

 



 

 

3000円の商品券郵送あり。

 

工事が不要で、外出先でも利用できるため、学校や会社などでネットを使う人向けのネット回線です。

 

※口座振替対応も可能です。

 

>>PCもタブレットも外出先で快適ネット!【WiMAX2+】

 

コラボレーション系・その他光回線

 

ソフトバンク光

 



 

ソフトバンクスマホ・ガラケーとセット割りも可能で、支払いを統一することも可能です。

 

>>光コラボレーション申込みなら【SoftBank光.net】

 

 

auひかり

 



 

auスマホ・ガラケーとセット割りも可能で、支払いを統一することも可能です。

 

>>【他社よりお得なauひかりサイトはここ!】

 

 

ドコモ光

 



 

 

ドコモスマホとセット割り対応可能です。

 

>>GMOとくとくBBのドコモ光 お得なキャンペーン実施中!

 

 

ネット回線の基本を学ぶ

 

ネット回線の疑問

 

インターネット回線の選び方はどうすればいい?

 

インターネット回線は、パソコンを所有している方にとって必要な存在で、その回線を通じて外部とのやりとりが可能となります。

 

インターネット回線に接続する上では、回線を提供する会社とプロバイダ会社の二つの会社と契約を締結することが必要です。

 

ただ現在では2015年2月から新しく光コラボレーションが登場し、プロバイダ会社が回線を借り受けて独自のサービスを展開する様になっています。

 

そのため契約や料金の支払いについてもプロバイダ会社だけに行うだけで済み、従来の様に二つの会社で契約を締結したり、それぞれに料金を支払いすることは必要でなくなったわけです。

 

よってインターネット回線の選び方としては、従来のフレッツ光よりも月額料金を抑制する形で提供できるため、月額料金が格安のプロバイダを選択することがコツです。

 

それと契約締結後のサービス自体は光コラボ会社は横並びなのでセット割が使えるか、加入時のキャッシュバックや特典が充実している会社を選択すると良いです。

 

もっとも選び方としては、プロバイダの公式サイトから申し込みを行うよりも、代理店から申し込みを行った方が特典が充実してることも多いため、
代理店からの申し込みがおすすめの選び方となります。

 

また代理店の場合の方が詳細の情報を得ることもでき、顧客のニーズに合ったプロバイダを提案してくれることも多いです。

 

 

インターネットの新規回線と転用回線の違いとは?

 

インターネットの設定は非常に大変ですよね。インターネット事業者のホームページを見て、新規回線の場合と転用回線の場合で料金が分かれている場合が非常に混乱します。

 

 

今回は、その二つの回線の違いについてご紹介いたします。まず、新規回線の場合ですが、申込後にインターネット工事日程を設定してその工事が終わり次第インターネットを利用することができます。

 

ただし、一般的には工事費がかかりマンションか一軒家かなどの住居タイプによって料金が異なります。事業者によっては工事費無料というキャンペーンもあります。

 

他社のインターネットを使っている場合に、この新規回線の契約をすると、他者回線を解約する必要があります。

 

 

もしこの解約を忘れてしまうと、ネット料金が2重でかかることになるので注意するべき点でしょう。

 

一方で転用回線ですが、これはすでに工事が終了しているので新たに工事をする必要がありません。

 

転用回線を使うという宣言をすれば、転用承諾番号をもらうことができ正式に転用回線を使用することができます。

 

今まで使用していたインターネット切り替わることになりますので、旧ネット環境を解約する必要などはありません。

 

いかがでしょうか。新規回線の場合は旧回線の解約を忘れてしまうと余計に料金がかかってしまうので、注意して契約をする必要がありますね。

 

 

ネットの固定回線とWIMAXの違いとは?

 

ネットの固定回線とWIMAXには、大きな違いがあります。

 

WIMAXは、無線を使ってインターネットに接続します。

 

固定回線はケーブルを使って接続し、光やADSLのようにいくつかの接続法があります。どちらが良いと簡単に言うことはできません。

 

WIMAXの方は、以前接続が不安定になることがありました。

 

しかし、その欠点は解消されつつあります。無線の接続に使われる基地局が多くできるようになったからです。

 

それからWIMAXは、地方では使いにくいことがありました。その理由は、地方には基地局が少なかったからです。

 

この欠点も少しずつ解消されています。地方にも基地局が作られるようになりました。特に県庁所在地や人口の多いところでは、基地局の数が増えています。

 

地方で人口の少ないところにお住まいだったら、固定回線の方がお勧めです。

 

それにした方が、ネットの接続は安定します。それ以外のところにお住まいだったら、どちらを選んでも差はそれほどありません。
家でネットを使わないで、外出の多い方だったら、WIMAXの方がお勧めです。

 

これに使われるルーターを使えば、スマートフォンもネットに接続できるようになります。そのためにスマホの料金を安くできます。

 

 

ネット回線が夜遅くなる理由は?

 

 

今はネット回線を利用するのが当たり前になっています。

 

パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレット、テレビ、ゲームなど多くの機器に使うことができるので、多くの人が利用するのは当然です。

 

ただ、通信速度が遅くなってしまうことがあります。特に夜遅くなるケースが結構生じています。常に回線速度が遅い場合は、パソコンなどの使っている機器に問題がある可能性があります。

 

夜遅くなる理由として、プロバイダに問題がある可能性が考えられます。夜は自宅に帰って多くの人がインターネットを利用するため、

 

回線が混雑してしまい繋がりにくくなります。夜も問題なくインターネットを使うことを考えたら、メジャーなプロバイダは避けるべきです。

 

人気が高いということは多くの人が利用していることを意味しています。人気が高いところの方が安心感がありますが、
そこまで有名ではないプロバイダでも信頼できるところが多いので、切り替えてみることを推奨します。

 

回線が遅いとストレスを感じてしまうので、口コミなどを参考にしながらプロバイダを変更するのが望ましいです。

 

変更する際は違約金の発生に注意してください。タイミングが悪いと1万円程度の違約金が発生してしまいます。